クレジットカードで現金化 徹底比較

menu

クレジットカード現金化をする業者を比較する

▼ 目次

クレジットカード現金化業者の見分け方は?

所有するクレジットカードを利用して現金を手にするクレジットカード現金化は、いざという時にとても助けになります。
しかも、キャッシングや融資と違って審査の必要もありませんし、短時間で現金を調達することが可能ですからとても便利です。
ただクレジットカード会社の利用規約で禁止となっている行為ですし、稀に悪質な業者もいて被害にあってしまう危険性もあります。
ですから、クレジットカード現金化をするのなら、安心・安全に利用することができる優良業者を選ぶ必要があるのです。

しかし、クレジットカード現金化業者も想像以上にたくさんあって、どの業者が一番良いのか迷ってしまいます。
そんな時に役立つのがクレジットカード現金化業者の比較サイトで、利用すれば業者を選ぶ時に重視するポイントを簡単に確認することができます。
比較サイトである程度絞り込めたら実際に問合せをしてみることで、還元率や現金化の方法などについて聞いてみて、その際の対応が雑なところや申込みを強要してくる業者は辞めることです。
しっかりと対応してくれて自分でも納得できる業者を利用するのが一番ですが、その時点で即答するのではなくて、他業者と比較してみることも大切です。

クレジットカード現金化業者の中には、キャンペーンを開催していたり、商品券をプレゼントしてくれたりするところもあります。
そうしたお得なサービスなどもしっかりとチェックして、自分にピッタリの現金化優良業者を探して利用することをおすすめします。

業者を比較するポイントは?

どのようなクレジットカード現金化業者が優良と言えるのか、その評価基準を知っておくと業者比較の参考として役立ちます。
現金化するのなら誰でも高い換金率で利用したいと考えるでしょうから、換金率・還元率が最も重要な項目になります。
一般的には換金率は70〜80%程度で、業者によっては90%を提示するケースもあります。
換金率は高いほど良いのですが、90%以上の数字を提示している業者は、詐欺業者や悪質な業者の可能性が考えられるので注意が必要です。

次に即日現金化の可否もチェックしたいポイントで、それはクレジットカード現金化を利用する方は、急ぎで現金を必要とすることが多いからです。
即日現金化が最低条件として所要時間についても確認して業者を比較すると良いです。
また即日現金化が可能であっても業者の営業時間外では意味がないので、営業時間の確認も併せて行うことも大切です。

創業年数はその業者の信頼度をチェックできる打ってつけの項目で、長年実績を積み重ねている業者は信用することができます。
ただし、業者のサイトに記載されている創業年数が嘘である可能性も考えられるので、単純に信頼すると騙されてしまうので注意が必要です。

それから、クレジットカード現金化には様々なリスクが伴うもので、特に心配なのがカードの利用停止と不正利用です。
これらのリスクが高い業者ではとても優良店とは判断できないので、リスクの無い安全な現金化が可能であることも評価基準の大事なポイントです。

クレジットカード現金化の危険性やリスクについても知っておくこと

先にも触れましたがクレジットカード現金化には、危険性やリスクがあることも確かなことです。
一度でも利用したら人生の終わりとまでは言いませんが、注意点としてどのような危険性やリスクがあるのかを知っておく必要もあります。
ですから、本当に利用する必要があるのか、利用しても大丈夫なのかなどをしっかりと考えて、安易な利用をすることだけは避けるべきです。

まず知っておいてほしいことは、ショッピング枠は純粋に買い物をするために利用する枠であって、通常カード会社は利用規約で現金化行為を禁止しているのです。
ですから、利用規約に違反したことがカード会社にばれてしまうとカードの利用停止や、一括返済で残高が請求される可能性があります。

クレジットカード現金化では、先にも触れましたが換金率というのが存在しいて、10〜20%が業者の手数料(利益)としてかかってきます。
この手数料を一般的な年利に換算すると、法定金利内に納まっているとはいってもかなり高い手数料を支払うことになるのです。
審査なしで現金を入手できる方法という大きなメリットがある反面で、高い手数料を支払うといった損失があることを理解しておく必要があります。

またクレジットカード現金化は、このように審査なくどのような人でも利用することができるので、総量規制で借金ができない人であっても使うことができてしまいます。
その結果として多重債務者になってしまう可能性がありますし、現金化は多重債務を助長する面もあるので、その点を十分に理解した上で利用することが大事です。
ちなみに、現金化で多重債務者になって自己破産手続きをしようとしても、免責不許可事由になるために手続きができないのです。
このように様々な危険性やリスクがあることをしっかりと認識して、適切なクレジットカード現金化をすることをおすすめします。