クレジットカード現金化の還元率とリスク

menu
HOME » 徹底比較 » クレジットカード現金化の還元率とリスク

クレジットカード現金化の還元率とリスク

クレジットカード現金化業者を選ぶ時には様々な面で比較して検討するでしょうが、還元率を最も重要視して比較し一番高い業者を利用する方も少なくないです。
クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するというサービスで、キャッシングのような借金ではないので利用するショッピング枠の金額以上の取引はできません。
また、クレジットカード現金化業者を利用するので、手数料(業者の利益)が差し引かれるので、与信枠100%の金額を手にすることはできないのです。

この手数料については、手法や業者で変わるもので手数料が安いということは還元率が高いことになりますし、逆に手数料が高いというのは還元率が低いということになります。
その為、利用するショッピング枠に対してどれだけの割合の現金が手に入るかという還元率を重視するのは当然と言えますし、高い業者を選択するのも理解できることです。
しかし、単純にクレジットカード現金化の還元率が高ければ良いというわけではなくて、他にも重視しなくてはならないリスクもあります。

クレジットカード現金化で還元率が高い取引の方法としては、換金性が高い商品を与信枠で購入して、それを業者に買い取ってもらうという買い取り方式です。
業者でも買い取り方式での取引を実施しているところもあって、高い還元率を可能としています。
しかし、この方法は本来クレジットカード会社の利用規約に違反する行為なので、利用が発覚すれば与信枠の利用停止される危険性があるのです。
また利用停止になると最悪の場合には強制解約の処分がくだされることになって、利用分を含めて一括で支払う要請がされる可能性もあります。

いくら還元率の高い取引が可能であっても、買い取り方式では利用が発覚しやすい取引で、このようなリスクがあることも理解しておかなくてはなりません。
クレジットカード現金化には、還元率と共にリスクがあるということも含めて考慮して利用を検討する必要があるのです。